何科の医師を目指すか。好きか得意かという視点から

 何科の医師を目指すかはそれなり迷う人も多いのかなと思います。私自身、医師になりたいと思ったのは物心ついてすぐであり、その時からなりたい科はコロコロ変わってきました。

 まだ学年もそこまで高くないので、科ごとの特徴や面白さ、その他諸々の実態は何もわかっていませんし、すぐ決める必要があるわけではありません。ただ、何を基準にして科を選ぶのかは今からでも考えられるのかなと思っています。

 科を選ぶ際の基準は人によって色々あると思います。楽しさややりがい、研修医の時の指導医の影響、親の医業を継ぐために親と同じ科、開業のしやすさ、ドラマの影響、幼い頃からの憧れ、あえてマイナーで人が行きたがらない科を選ぶ、人気の科に行く、給料で選ぶ、アルバイトのしやすさで選ぶ、離脱した際の復帰のしやすさ、手技の多少、他にも色々あるかと思います。

 今回はたくさんある基準の中の好きな科に行くか、それとも得意な科に行くかということについて考えたいと思います。

 私の場合、得意な科に行くのが患者さんにとっても私にとってもいいのかなと思っています。私の場合、多少嫌いなことでもある程度得意だとだんだんと好きになっていくことがあるので、何があっても絶対に嫌だっていうほどの科でなければ、一番得意な科にいくのがいいのかなと思っています。好きな科に行ったとしても、その科に適性がなければ、色々と苦労するのかなと思います。下手であったり、苦手であっても許されることはありますが、臨床医学に関しては、好きでいっぱい努力してるから、ミスしても許してねは通らないと思っています。

 いくら好きなもの、憧れているものであっても、得手不得手はどうしてもあります。私の場合、いくら好きなことであっても、病院で医師として働くのであれば自分が苦手なことをした場合、患者さんは不利益を被りますし、私は理想と現実のギャップが受け入れられずに潰れてしまうと思います。

 何科が好きとか得意とか今は全く想像もつかないので、その時が来たら精一杯悩みたいと思います。理想は好きな科と得意な科が一致することですね。何科以前にそもそも医師としての適性が私にないかもしれませんが、その時は、また考えたいと思います。ただ、医師になって何科か選ぶときにせよ、その他色々な選択をする時には私は好きなものよりも得意なものを選んでいくそんな気がします。

 

押していただけると泣いて喜びます!応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

コメント