人生の幅を自分で狭めないで 有意義だとか、お金になるとか

 これは何かの役に立つのか、これはお金になるのか、そんなことばかり考えていたら人生がつまらないものになりそうだったので、戒めのためにこの文章を書いています。

 巷では無駄を減らそうだとか、有意義なことに時間を使おうだとか、やることなすこと全部お金になるか考えようみたいな、少し極端ですが、こういった意見もあります。私も本当に一時期だけこのように考えて生きていました。でも今は、無駄のある人生こそ良い人生かなと思っています。

 例えば、旅行に行ったり、友人と遊んだり、家族で団欒する時間は「無駄」なのでしょうか?友人といる時であろうと、家族といる時であろうと、有意義な会話をしていなきゃいけないのでしょうか?私にはそれができませんでした。無駄をなくそう、有意義なことをしようと思えば思うほどやることは絞られていき、他の人といる時間が無駄に感じ、食事の時間すら惜しいと思い、いかに早く食事を終わらせるかを考えていました。

 本当に短い間でしたが、この生活は少ししんどかったです。なんのために、いつまで「有意義」なことだけをやって生きてかなきゃいけないのかと将来に対する自信がなくなりました。

 医師になるのであれば、極端な話、医学をやって、人との接し方を学んで、他にもやることはありますが、例えばプログラミングや数学なんてやらなくても良いのです。少なくとも医師になるにあたっては「有意義」な時間の使い方ではないでしょう。それでも私は医学以外もたくさんのことを勉強したいですし、友人とたくさん遊びたいですし、旅行にもたくさん行きたいです。周りから見たら「無駄」な事かもしれませんが、いかに良質な無駄を過ごせるかが人生の醍醐味かと思います。

 何かの役に立つ事、お金になる可能性のある事そういったことだけをやろうとすると人生は突然しんどくて、面白みのないものになってしまうと思います。周りから見たら時間の浪費だろうが、お金の無駄遣いであろうが、本人が面白い、楽しいと感じているのであれば、それは他の何にも変えられない有意義なことだと思います。たくさん「無駄」なことをしましょう。

 

押していただけると泣いて喜びます!応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

コメント